1. ボーナスの悪用 – 世界には2000近くの合法的なオンラインギャンブルのサイトがあります。これらのオンラインギャンブルサイトはすべて、顧客を獲得するために互いに競い合っています。顧客を獲得し、惹きつけて維持するための様々なボーナスを提供しています。これらのボーナスには、初回登録ボーナス、紹介ボーナス、常連プレイヤー向けのボーナスなどがあります。カジノは、新規顧客が登録して、一定の金額を入金すると、その顧客にサインアップボーナスを付与します。このボーナスには、ロールオーバーが付帯条件となります。プレイヤーがボーナスを利用するためには、ボーナスの数を一定回数賭ける必要があるのです。プレイヤーの中には、複数のアカウントを作成し、開設することによって、このボーナスを悪用する人もいます。偽のアカウントから利益を得たり、初回登録ボーナス、クーポン、その他のタイプのプロモーションから利益を得ているプレイヤーも多数いるのが現状です。

    ベラジョン限定の人気オンラインスロット! 甘~い大爆発を起こす「Sweet Bonanza ベラジョン版」プレイガイドはコチラから!
  • 共謀 – このタイプの詐欺は、利用者が複数のアカウントを使用している場合や、2人以上の利用者が操作をすることで、特定の結果を出すために共謀している場合に発生します。オンラインギャンブルでこの手の詐欺が起こりやすいのは、オンラインポーカーです。またブラックジャックなどのゲームでも起こり得ます。多くの場合、プレイヤーは共謀してボーナス詐欺を行います。例えば、2人のプレイヤーが登録して1000ドルを入金し、初回登録ボーナスとして50ドルを受け取るとします。彼らはお互いにプレイして、ロールオーバーの条件に達するまで負け続けます。条件を満たした後、2人のプレイヤーが出金することで、50ドルの利益を得るわけです。
  • チップダンピング – これは別のタイプの共謀詐欺です。犯罪者はカジノプラットフォームを利用して、ブラックマーケットのサービスの代金を支払ったり、資金洗浄を行ったりします。ギャンブルの賞金は、プレイヤーが銀行に預金できる合法的な収益となります。犯罪者にとっては、疑われることなく違法な収益源から得た莫大な金額を入金することは不可能です。彼らはその代わりに、様々な人物を雇ってギャンブルをさせ、一人のプレイヤーに負けてもらいます。その人が出金したお金は、合法的に稼いだものに見えます。チップダンピングは、違法市場やブラックマーケットの犯罪行為の支払いに最適な手段なのです。
  • なりすまし

これは、誰かが他人の同意を得ずに、その人に代わって行動するときに起こります。例えば、盗まれたアカウントを使えば、この手口を実行することができます。詐欺師は常に、SOCKS5 VPNの助けを借りてプロキシサーバーを使用したり、RDPを使用して、詐欺行為やなりすましを行っています。また、なりすましは、アフィリエイトスキームのように、同意を得て行われることもあります。経験豊富なプレイヤーが、初心者の代わりにプレイを行い、新しいプレーヤーとしての特典を獲得するといった、オンラインギャンブルサイトにおける詐欺を実行しているのです。

  • クレジットカード詐欺

重要度の高いデータやクレジットカード情報の流出事件が増加していることから、金融情報が簡単に手に入るようになってきています。しかし、データの収益化は別の次元です。高度なサイバー犯罪者は、盗まれたクレジットカード情報を使ってギフトカードを入手したり、高級品を購入したりすることができます。これはデジタル通貨の普及にも当てはまります。

ほぼすべての暗号通貨取引所では、チャージバックの問題があるため、デビットカードやクレジットカード情報を使ったBitcoinの購入を禁止しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *